Healerとして生きる喜び

ヒーリングという手法に出会ってから9年

自分なりの道を模索し続け

自分の中に一本の柱が立ったと実感した

2019年クリスマスイブ

地に足のついたスピリチュアル

大自然・大宇宙との調和がもたらす癒し

 

自分にとって

これほど確かな実感を得、

喜びに満ちることが出来るとは想像していませんでしたが、

自分なりの道を探し

様々なところで寄り道をしながらも、

そこでまた、自分らしさや魂の方向性を考えさせられ

悩むこともあり

腑に落ちることもあり

そして、

最後の最後で

自分を信じることが出来ずに

新しい「なにか」に触れたくなる。

 

そんなパターンを繰り返しながら辿り着いた

私の道

 

 

最後の最後に「自分を信じることが出来ない」

これは過去性からの「私の課題」なんだろうと今は感じています。

 

私たちがこの地球(ほし)に降りてきた理由は、

あらゆる感情を体験すること

自分が持ち越してきた「課題」をクリアすること

そして、この地球(ほし)で体験したことを

もと居た場所に戻った時

多くの仲間達(グループソール)に伝えることだったりします。

 

課題は一人につきもれなく一つ!ってことはありません。

 

あらゆる課題を持ってきています。

 

ただその中に「とても重要な課題」として

フューチャする課題というのがあるのだと思います。

 

 

何度も何度も同じ場面がくると

諦めてしまったり

何気なく違う方向性にすり替えてしまったり

感情のバランスが崩れ怒れてしまったりと

 

魂が反応し

あなたに「今、ここで起こっていることに氣が付いて」と伝えてきているのです。

 

魂の課題の克服は「氣づき」からです。

そして

その「氣づき」から豊かさを感じるようになります。

 

私たちは「幸せでいいのです」

「豊かでいいのです」

 

その豊かさは「氣づき」が運んできてくれます。

 

様々な感情に触れて

魂の声を聴き

あなたの笑顔が爽やかに輝きますように。

 

 

魂の癒し人 nature’s Healer みっちゃん

 

まるメソッドⓇヒーリングの詳細はこちら